柄スタイル

ここは文系のオッサンがITに立ち向かう所

Ubuntuにバーチャルボックスをインストールする

      2015/11/12

バーチャルボックスのインストール

Ubuntuソフトウェアセンターを開き、検索窓に「virtualbox」と入力します。

右側の「インストール」をクリックします。

01f

インストールが終了すると左側のランチャーにアイコンが表示されます。

アイコンをクリックして起動します。

02f

「新規(N)」をクリックします

(事前にUbuntu Japanese Teamなどからisoファイルを入手しておきます)

仮想マシンの作成

03f

名前とオペレーションシステム

名前(N):に「ubuntu-ja-15.04-desktop-amd64」等と入力します。

タイプ(T):とバージョン(V):はOSに合わせて自動で入力されます。

「次へ(N)」をクリックします。
04f

メモリーサイズ

ホストマシンの搭載メモリーの量に応じて設定します。

「次へ(N)」をクリックします。

05f

ハードドライブ

仮想ハードドライブを作成する(C)を選択します。

「作成」をクリックします。

06f

仮想ハードドライブの作成

ハードドライブのファイルタイプ

VDI (VirtualBox Disk Image)を選択します。

「次へ(N)」をクリックします。

07f

物理ハードドライブにあるストレージ

可変サイズ(D)を選択します。

「次へ(N)」をクリックします。

ファイルの場所とサイズ

8.00GB(デフォルト)にします。

「作成」をクリックします。

08f

設定

設定(S)をクリックします。

システム

システム→プロセッサー(P)をクリックします。

プロセッサー数(P)を必要に応じて変更します。

OK(O)をクリックします。

09f

起動

起動(T)をクリックします。

起動ハードディスクを選択

isoファイルがある任意のフォルダを選択します。

「起動」をクリックします。

OSが起動します。

10f

OSのインストール

Ubuntuをインストールをクリックします。

11f

あとは適宜選択していきます。

インストールは時間が掛かるので暫く待ちます。

リリースノートに目を通しておくとよいかもしれません。

12f

「今すぐ再起動する」をクリックします。

13f

インストール後の設定

Guast Additionsのインストール

 

ディスプレイの大きさを任意に変更できるようにGuast Additionsをインストールします。

デバイス→Guast Additions のCDイメージを挿入...  Host+Dをクリックします。

14f

ダウンロードをクリックします。

15f

挿入をクリックします。

実行する(R)をクリックします。

パスワードを適宜入力して認証する(A)をクリックします。

インストールが終了したら再起動します。

ランチャーのGuast Additionsを右クリック→取り出しをします。

最新の状態にする

 

Alt+Ctrl+Tを押して端末を起動します。

sudo apt update

と入力してエンターキーを押し、パスワードを入力します。

16f

sudo apt upgrade

と入力します。

[ y / n ]と聞いてくるので y と入力します。

17f

まとめ

これでOSが最新の状態になり、バーチャルボックスでOS(Ubuntu)が動作するようになりました。

Ubuntu以外にもCentOSやDebian、LinuxMint、PuppyLinuxなどいろいろなOSを動かしてみるといいかもしれません。

Windowsマシンでバーチャルボックスを使う場合もほぼ同じです。

 - Ubuntu , ,