柄スタイル

ここは文系のオッサンがITに立ち向かう所

LINE Notifyを使ってRaspberry PiからLINEに送信

   

Raspberry PiからLINEに写真を送る

LINE Notifyを活用するとRaspberry Piから自分のLINEまたはグループにメッセージを送ることが出来るようです。簡単なメッセージを送るなら手軽にスマホで読めるLINEが良さそうです。LINEでなくメールで送信する方法はこの記事です。

LINE Notifyとは

LINE Notifyのページには以下の記載があります。
Webサービスからの通知をLINEで受信


Webサービスと連携すると、LINEが提供する公式アカウント"LINE Notify"から通知が届きます。


複数のサービスと連携でき、グループでも通知を受信することが可能です。 ラズベリーパイで撮った写真をLINEに送信します。

LINE Notify
GitHub IFTTT Mackerelなど提携できるサービスが数多くあるようです。

LINE Notifyの登録をする

ログイン

まずLINE Notifyのページにログインします。LINEに登録してあるメールアドレスとパスワードです。

トークンの発行

アクセストークンの発行(開発者向け)の下の「トークンを発行する」をクリックします。


次の画面でトークン名とトークンルームを選択します。1:1でLINE Notifyから通知を受け取るは自分だけになります。複数の人が受け取る場合はグループを選択します。1:1とグループの切り替えは発行後にはできないです。発行するをクリックします。

次の画面でトークンが発行されます。このページに記載されているようにコピーします。これを忘れると再発行になってしまいます。

Raspberry Piでの操作

メッセージの送信

line_message.sh


$ curl -X POST -H 'Authorization: Bearer アクセストークン' -F 'message="メッセージ"' 
https://notify-api.line.me/api/notify

成功すると次のメッセージがでます
{“status”:200,”massage”:”ok”}

成功すると次のメッセージがでます
{“status”:200,”massage”:”ok”}

写真の送信

line_photo.sh


$ curl -X POST -H 'Authorization: Bearer アクセストークン' -F 'message=写真を撮ったよ!' -F 'imageFile=@/home/pi/Pictures/{0:%Y-%m-%d_%H%M%S}.jpg' -F 'https://notify-api.line.me/api/notify

成功すると次のメッセージがでます
{“status”:200,”massage”:”ok”}


まとめ

LINE Notifyを利用すると簡単にRaspberry Piからメッセージが送れます。メッセージは一方通行なので会話はできません。でもRaspberry Pi自身の状態を送信したり、センサーで取得したデータを送信したりと、出来ることの可能性が色々広がります。

 - Raspberry Pi , ,