柄スタイル

ここは文系のオッサンがITに立ち向かう所

Raspberry PiにRemminaでリモート接続する

      2016/04/05

Raspberry Piにリモート接続します。

使用機材 Windows10のPCと同じローカルネットワークのRaspberry Pi

方法 VirtualboxでUbuntuを起動する → 標準でインストールされているリモート接続クライアントの「Remmina」を使用する1)Windows10なら他の方法としてリモートデスクトップ接続があります

vncserverのインストールと起動

Raspberry Piに以下のコマンドでvncserverをインストールします。


$ sudo apt-get install tightvncserver

vncserverを起動します。

$ vncserver

vncserverインストール

vncserver

Remminaの設定

UbuntuでDashからRemminaを起動します。

リモートデスクトップの設定

接続(C)→新規(N)→リモートデスクトップの設定が開きます。
「名前」を変更します ここでは「RaspberryPi」とします。
「プロトコル」を変更します 「VNC-仮想ネットワークコンピューティング」を選択します。
基本設定タブの「サーバー」 「RaspberryPiのドメイン名かIPアドレス:5901」を入力します。
「パスワード」 Raspberry Piのvcnserverで設定したパスワードを入力します。
「色数」 任意に設定します。ここでは「True color (24 bit)」とします。
「品質」 任意に設定します。ここでは「最高 (最低速)」とします。
「保存(S)」
リモートデスクトップの設定

Raspberry Piへのリモート接続

「接続(O)」をクリックします。
Remmina

上記で設定したvncserverのパスワードを入力します。
RaspberryPiに接続中

「OK(O)」をクリックするとRaspberry Piのデスクトップ画面が表示されます。
RaspberryPiリモートデスクトップ

これでWindowsでVirtualboxのUbuntuを起動してさらにRaspbery Piをリモートするという状態になりました。

RaspberryPiリモートデスクトップのアプリ

Raspberry Piのアプリケーションが動作している様子

References   [ + ]

1. Windows10なら他の方法としてリモートデスクトップ接続があります

 - Raspberry Pi, Ubuntu, Windows , , , , ,