柄スタイル

ここは文系のオッサンがITに立ち向かう所

sshでraspberrypiにログインする(Windows編)

   

Tera Termを使ってRaspberry Piに接続する

Windows10で同じネットワークにある他のマシンにsshでログインしてみます。今回もRaspberry Piへ接続します。

Tera Termのインストール

端末エミュレータのTera Termの最新版をダウンロードします。この記事の時点でのバージョンは4.89です。zipでもexeでもお好みで選べばいいですが、今回はexeにしました。teraterm-4.89 ダブルクリックしてインストールします。いくつか聞かれますが、適宜入力します。殆ど「次へ」になります。インストールが完了したら起動します。

TeraTermの初期設定

「Tera Term 新しい接続」「TCP/IP」の「ホスト(T)」をRaspberryPiのアドレス変更して「OK」をクリックします。うちの環境では 192.168.0.8 となります。 Tera Term 新しい接続 「セキュリティ警告」初めて接続する場合はこの警告が出ます。「続行(C)」をクリックします。 セキュリティ警告

Tera Termでの接続

「SSH認証」接続先のの「ユーザ名(N)」とパスフレーズ(P)」を入力して「OK」をクリックします。これはRaspberryのユーザ名とパスワードとなります。 SSH認証 正しく入力できれば黒地に白文字の端末が表示されます。 Tera Term 端末 これでは味気ないという時は、「設定(S)」から各項目を変更できるので、使いやすいように変更していけばいいと思います。 ログインしたので「Byobu」を起動した後に最新の状態に更新しておきます。 Tera Term 端末update 「exit」を入力するとウインドウが閉じて終了します。

Tera Termを使ってRaspberry Piに接続する(2回目以降)

デスクトップにTera Termのショートカットがあるので、クリックして起動します。 Tera Termショートカット 「Tera Term 新しい接続」の「ホスト(T)に前回のアドレスが入っているので、そのまま「OK」をクリックします。 Tera Term 新しい接続 2回目 あとは上記のTera Termでの接続と同じです。


  Tera Termは接続するまではGUIなので、Ubuntuなどの端末より操作がわかりやすいと思います。ログインするまではこちらの方が入力するキー数が少なくて済みますね。

 - Raspberry Pi, Windows , ,